お知らせ・トピックス・実例

業務内容

【コトラーの
マーケティング】

〜P.コトラーのマーケティングを理解しよう
 現代マーケティングの第一人者であるフィリップ・コトラーを理解しよう 〜

 経営戦略の一部にマーケティングがあります。マーケティングは、売上利益をあげるための戦略です。また、マーケティングと似た言葉にセリング(販売)がありますが、全く異なる概念です。
マーケティング戦略は、、、
出典:NEC Business Solusion   詳しくは →→


【ポーターの経営戦略】

〜M.E.ポーターの競争戦略を理解しよう
 現代の経営戦略の第一人者であるポーター博士の競争戦略を理解しよう 〜

 ハーバード大学経営大学院の教授であるM.E.ポーター博士は、競争戦略を提唱し、現代の経営戦略の基盤を確率しました。今回は、競争戦略の中核となる概念である、「5つの基本的競争要因」「ポーターの3つの基本戦略「バリューチェーン」「情報改革が生み出す競争優位」について、、、、
出典:NEC Business Solusion   詳しくは →→


【コアコンピタンス】

〜戦略の定石を活かすコアコンピタンス経営
 コアコンピタンス経営で限られた経営資源の投資対効果を最大化せよ 〜

 他社のモノマネや武士の商法で勝てる時代ではありません。限られた経営資源を効果的に活用し、投資対効果を最大化しなければ、企業の存続はありません。そこで、経営戦略の定石を実現する経営手法として、、、、
出典:NEC Business Solusion   詳しくは →→


【経営戦略の
定石】

〜戦略の定石はコレだ! 経営理念、ドメイン、KFSとは? そして、経営戦略の定石とは何か?〜
 経営戦略の定石を無視すると、経営資源を消耗して、努力がなかなか成果につながりません。たとえば
自社の得意領域でもないのに、単に市場が成長分野だからと、やみくもに道の新規事業に手を出して撤退を繰り返している企業もあります。経営理念、ドメイン、KFS、コアコンピタンス、戦略の3S、、、、
出典:NEC Business Solusion   詳しくは →→


【経営戦略の
フレームワークを理解しよう】

〜経営戦略のフレームワークを理解しよう! 
    戦略は投資対効果を最大化することにあり、戦略の3Cとは?〜

 戦略の原点は兵法にあります。兵法のフレームワームは2C、経営戦略のフレームワークは3Cです。
意味がわかりますか? その答えは、本文中にあります。経営戦略は、限られた経営資源と投資対効果の最大化をめざすことにあります。そのためには、、、、
出典:NEC Business Solusion   詳しくは →→


【経営戦略とは
何か】

〜戦略と戦術の違いは? 戦略がある会社とない会社とは?〜
 いかなる優れた戦術も、戦略には勝てません。「戦略なきは座して死を待つがごとし」ともいいます。日本企業に大量生産・大量販売のビジネスモデルが崩壊した今日、企業各社に経営戦略がある会社とない会社を比較しながら、経営戦略とは何かを学びます。
出典:NEC Business Solusion   詳しくは →→


【企業使命】
作成シート

「企業使命」とは、自社が社会的にどのような存在意義をもっているか、またどのような形で役立とうとするのか、そしてどのようにしてそれを遂行するのか、ということを決定したものである、
企業はすべて、目的をもって設立・運営されている。その目的を再確認する作業が、すなわち「企業使命」の作成である。経営環境がめまぐるしく変化している今日、この「企業使命」の再確認は、これからの自社の方向性と具体的な施策の決定において、根幹を成すものといえる。
 作業手順は次の通りである。
 @ 定款により設立目的を再確認する
 A 業界の存在価値を考え、そこから自社の事業を定義づける。
 B 社会に向けて自社が本質的に提供しているものは何か、果たしている機能は何か、また自社の強みは 何かを考える。
 C 客が自社に本当に求めているものは何かを考える。
 D 自社は今後、何を、どんな形で、どのようにして社会に提供し、役立っていくかを決定する。
出典:社員教育研究会   詳しくは →→


【経営者の資質】
チェックシート
『わが身をふり返り、取引先の経営者をみるために』
 中小企業では、なんといっても経営者が会社の命運を握っている。経営者が経営者としての資質を備えているか否か---会社が伸びるも衰退するも、結局はそこに帰結するのである。倒産件数は依然、高水準で推移している。なぜ倒産するのか。真の牽引を探っていくと、やはり経営者の経営能力に行き着く。
 まずは、自らの資質をあらためて振り返ってみよう。もし、資質的に不十分という結果が出たら、今のうちに適格者に道を譲ることを考えたほうがいいかもしれない。
 もちろん、後継者と目するものが経営者として適格かどうかも、このシートでチェックできる。
 怖いのは、取引先である。資質に欠ける経営者が動かしている会社と取引しているとしたら、これほど恐ろしいことはない。

出典:社員教育研究会   詳しくは →→


【社長の適正】
判断シート

時代は大きく変わっています。時代の荒波を生き抜くためにトップにどのような用件が求められているか、その必須条件をチェックするのが【社長の適正】判断シートです。これからの経営者に必須の適正条件として20項目をあげました。
このシートの使い方ですが、例えば大項目の「@時代感覚」みると、「時代の変化に常に…」などという小項目があります。これをA(はい)・B(どちらともいえない)・C(いいえ)で判定します。小項目をすべてチェックしたうえで、大項目「時代感覚」がどれだけ自分にあるかを5点法で採点します。

出典:社員教育研究会   詳しくは →→